2010年4月25日 (日)

アリス・イン・ワンダーランド

3D映画を生まれて初めて観て来ましたhappy02
普段からメガネを掛けているので貸し出されたメガネをその上から掛けて観たんですが、鼻が低いのかはたまた貸し出されたメガネが大きいのか何度もズレて来て半分手で支えながら観たですよ\(゜□゜)/
しかも使い回しのようでレンズの汚れが気になりました。改善してほしいです。
話がそれました、本題の映画なんですがジョニーデップがあんまりクローズアップされてなくていい意味でまとまってたと思います。チャーリーとチョコレート工場のティムバートン監督作品だったのでもっとはじけてるのかと…。
もともとのアリスの話自体が独創的なのである意味ぴったりだったのかも!?
しかしドラゴンはいったいなんで赤の女王側についてたんでしょうか?
あんなに強そうなのに赤の女王はもっと強いのか?それにしても最後あっけなかったですね
今年は3D元年と言われてますが、家庭のテレビで3Dを観る時は専用メガネを掛けて正面から観る必要があるんだとか小さい子供には発育に影響があるとか本当に普及するんだろうか?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

ONE PIECE 呪われた聖剣

なんだか大笑いがしたくてTSUTAYAにレンタルに行ったんですが

何にするか散々迷った挙句にONE PIECEにしましたw

で説明もみないで借りたのが失敗だったわwww

一年前海賊に襲われ禁断の妖剣を手を出したサガ。100年に一度の赤い満月の夜に世界を暗黒の戦乱へと導くというその呪われた七聖剣の復活を阻止するためルフィとゾロが奮闘する今作品。

期待感が強すぎたせいか物足りなさを感じました。最後はハッピーエンドなんですけどもっと子供向けに勧善懲悪ものを期待してたというか観た後にすっきりしたかったんです(^^ゞ。

不完全燃焼気味ですな・・・

(注)決してONE PIECEを否定するものではありませんm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

デトロイト・メタル・シティ

TVで観ました

クラウザーの重厚な存在感とは裏腹に崇(そう)ちゃんのキャラクターが笑いを誘います

何故崇ちゃんがクラウザーになったのか><

その理由は知る由もありませんが実家が田舎農業なのにいったいあんな言葉遣いをどこで覚えたのか不思議でしょうがないです

社長仕込みですかねぇ(σ・∀・)σ社長怖ぇ~(笑)

また嫌気が差して実家に逃げ帰った息子にクラウザーも人に夢を与えていると励ます母親に脱帽です

できた母親ですな

クラウザーの姿のまま新幹線で上京し、走って会場入りには笑いました

ジャック・イル・ダークに勝利してラスト片想いの相川さんとどうなったんでしょうかhappy02

松山ケンイチじゃないとできない役どころですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

レイトン教授と永遠の歌姫 THE ETERNAL DIVA

観て来ました

いえね義兄の子供(小学5年生)が年末ということで

神奈川から来てまして

映画でも観に連れて行ってと頼まれまして

個人的にはワンピース観たかったんですが

もう観たって言われまして・・・

号泣w

ところで

レイトンって何よ?

レンコン?

トレイン??

霊魂???

れ・・・?!

全く知りませんorz

任天堂DS用アドベンチャーゲームだそうですm(__)m

あっそう!(;´▽`A``

もしかして常識?

ま、いいか

しかしレイトン教授なんだってあんなに冷静なんですかね

永遠の命欲しさに集まった客達と一緒に謎解きゲームに巻き込まれ

その命を賭けたナゾをすんなり解いちゃうし

空飛んでも帽子脱げないし・・・

いくら紳士でもとりみだすだろw

しかしグロスキー警部いいキャラでしたねぇ

不運なところが共感できたり

個人的にはつっこみどころ満載でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

ハリー・ポッターと謎のプリンス

遅ればせながらやっと観て来ましたsweat01

人間界にもヴォルデモートの魔の手が伸びてきて

謎のプリンス・・・いったいどんな王子様が登場するのかと思ってたら

ちょっと期待はずれでしたけどw

白馬の王子様は出て来ません(笑)

それはみなさん観てのお楽しみw

って言ってももうみんなほとんど観てるよねぇ(;´▽`A``

新キャラクターも登場

いよいよラストに向けてヴォルデモートの秘密が

徐々に明らかになりつつ観てたら最後に

ダンブルドア先生があああああっー!!Σ(・ω・ノ)ノ

 

という終わり方でした

ラストはどうなるんでしょうねぇ(A;´・ω・)アセアセ

まさたん原作読んでないんで気になってしょうがないっす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

天使と悪魔

観て来ました

「ダ・ヴィンチ コード」は話がよくわからかったんですが

第2弾の今作は面白かったですよhappy02

というのも

まさたんは映画館に行く前にちと下調べして臨んだんですψ(`∇´)ψ

(ちょっと学習しましたw)

①ロバート・ラングドン(トムハンクス)はハーバード大学教授で宗教象徴学の権威

②イルミナティは17世紀ヴァチカン科学者弾圧の陰で結成された秘密結社

③教皇はローマ・カトリック教会の最高位聖職者

④コンクラーベは教皇を選ぶ選挙のこと

宗教や歴史的背景なんぞさっぱりなんですが

これだけ知ってるだけで全然違います(これって常識!?)

展開のテンポの良さとヴァチカンの教会の美しさに息つく暇もありませんでしたよ

(ちょっと大袈裟かも知れませんが(笑))

 

以下ネタバレというかあらすじ

教皇が病死し、次の教皇を選出するコンクラーベが行われようとしているヴァチカンに、400年前に弾圧された秘密結社「イルミナティ」が復讐を開始する。彼らは4人の教皇候補を誘拐。科学の四大元素“土”“空気”“火”“水”を表わす焼き印を胸に押しつけ、一時間ごとに惨殺すると予告する。さらに街を吹き飛ばすほどの破壊力を持つ反物質を、ローマのどこかに隠したのだった…。この恐ろしい計画を阻止するため、ヴァチカンは宗教象徴学者のラングドン教授に助けを求める。

(goo映画より引用sweat01

なんというか人って怖い!!最後まで犯人が・・・

しかし

キリスト教徒じゃないですがサン・ピエトロ大聖堂いつかは行ってみたいですっ!!

公式サイトはこちら

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

レッドクリフpartⅡ

観て来ました

いよいよ曹操vs連合軍の決戦です

圧倒的な戦力の違いにもかかわらず周瑜と孔明は

緻密な作戦を考え実行する二人とも頭いいですねぇ

それにひきかえ曹操はひどい奴ですねぇ勝つ為に手段を選ばない

疫病で亡くなった味方の亡骸を敵に送りつけるなんて・・・

男なら正々堂々と戦えっつぅーーーの!!

よっぽど小喬の方がいさぎ良くってかっこいいですよ

まさたんは持ちあわせてないものを持ってますw

それは

すごい決断力!!

ほしーです(A;´・ω・)アセアセ

誰か下さい

ここ数年今年の目標が決断力

しかしまぁ、最後はあっけなくて

ずるがしこい曹操はあんなやられ方しないだろって

思いましたけど(笑)

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

-252-生存者あり

観て来ました

ある程度予測してましたが、ないないないって言いそうな

 

つっ込み所満載の映画でした(笑)

やはり伊藤くんかっこよすぎです

直下型地震の後地震の影響で

数週間後巨大台風直撃ですって

そんなのありえるんでしょうか?

くわばらくわばらcoldsweats02

しかし、不覚にも涙が出ましたよ・・・

年とったのか??

いやいや

泣かせるように作ってあるんだなこれが!!

 

個人的にあの終わりかたはないだろっ!!

どうなのよって方は観てください(;´▽`A``

奇跡を信じる心を忘れないようにしたいと思う作品でした

奇しくも明日は阪神淡路大震災があった日

どんな災害にも立ち向かうレスキューの方、消防の方

医療関係者、ボランティアetc

自分も人としてなにかできることがないか

あらためて考えてみようと思いました

犠牲者の方々の冥福をお祈りいたします

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月24日 (月)

レッドクリフ

休みを利用してレッドクリフをmovix倉敷で観て来ました

三国志といえばみなさんご存知だと思いますが今の中国を舞台に

後漢末期から三国(魏・呉・蜀)時代にかけて群雄割拠していた時代

(西暦180~280年頃)の興亡史です。

ほぼ同時代の歴史家陳寿(233-297年)がこの時代の出来事を

記録した歴史書名が「三国志」であることに由来しているそうです。

対して三国志演義というのは

明の時代初期に羅貫中らの手によって成立した白話小説であり、

三国志を基としながらも説話や作者自身による創作が加えられて

いるものだそうです。

話がそれましたが、このレッドクリフ直訳すると赤い壁で文字通り

三国志にある赤壁(せきへき)の戦いを描いています。

 

漢の時代、後の魏の武将である曹操は数々の戦いで勢力を拡大し

ついには皇帝から丞相(現代の首相)の位を得て、

巨大勢力を握った。

自らが天下を掌握するために残すは、劉備と孫権の制圧のみ。

若い皇帝を脅し、劉備・孫権討伐の大義名分を得た曹操は、

巨大な軍隊を率い南へと南下する。目指すは赤壁。

80万の兵と2000隻の戦艦を率いて・・・

個人的な感想を述べると構想18年、

制作費100億円と話題をさらっていますが

18年もかけた割には内容にもの足りなさを感じました。

三国志に興味がない人は戦いばかりでつまらないと思います

名前負けしてるような気さえします。

しかも曹操が周瑜の妻・小喬(しょうきょう)を我が物にしようと

劉備・孫権討伐を企てている設定なんて無理があるんでは!?

曹操ファンを怒らせそうですね。

しかしながら2部構成の1部であるため

いよいよ赤壁の戦いが始まるという所で終わっていますので

来年4月公開される第2弾に期待です。think

公式サイトはこちら

ちなみになかなか分かりやすくヤフー映画で特集してますのがこちら

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2008年9月14日 (日)

20世紀少年

20世紀少年観に行きました

連休中日とあってすごい人だらけ

1時間以上前に行ったのに座席は前から2列目までしか空いてません

仕方なく2列目で我慢し鑑賞しましたが首が辛くてすんなり楽しめないw

館内が寒くて途中から喉も痛かったし…(´・ω・`)

キャスティングに関してはオッチョもケンジもヤン坊・マー坊も

原作そっくりで面白かったですが、話があちこち飛びすぎて

原作読んでない人はついてけないんじゃないかと思いました

(原作も気を抜くと話が分からなくなる程頭使いますが(笑))

あとセリフが原作に忠実でしたね

しかし今度からは最低4列目以降じゃないと映画は観ないと決めましたよ(;´▽`A``

連休中は映画に行くもんじゃないなと実感(|||_|||)

公式サイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (2)