« 龍馬からの手紙 | トップページ | アンコールワット展 »

2010年4月25日 (日)

アリス・イン・ワンダーランド

3D映画を生まれて初めて観て来ましたhappy02
普段からメガネを掛けているので貸し出されたメガネをその上から掛けて観たんですが、鼻が低いのかはたまた貸し出されたメガネが大きいのか何度もズレて来て半分手で支えながら観たですよ\(゜□゜)/
しかも使い回しのようでレンズの汚れが気になりました。改善してほしいです。
話がそれました、本題の映画なんですがジョニーデップがあんまりクローズアップされてなくていい意味でまとまってたと思います。チャーリーとチョコレート工場のティムバートン監督作品だったのでもっとはじけてるのかと…。
もともとのアリスの話自体が独創的なのである意味ぴったりだったのかも!?
しかしドラゴンはいったいなんで赤の女王側についてたんでしょうか?
あんなに強そうなのに赤の女王はもっと強いのか?それにしても最後あっけなかったですね
今年は3D元年と言われてますが、家庭のテレビで3Dを観る時は専用メガネを掛けて正面から観る必要があるんだとか小さい子供には発育に影響があるとか本当に普及するんだろうか?
 

|

« 龍馬からの手紙 | トップページ | アンコールワット展 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111364/48199057

この記事へのトラックバック一覧です: アリス・イン・ワンダーランド:

« 龍馬からの手紙 | トップページ | アンコールワット展 »