« JTマーヴェラス | トップページ | あれから15年 »

2010年1月11日 (月)

鏡開き

本日11日は鏡開きの日

鏡餅は供えて、開いて、食べてこそ鏡餅の意味があるんですって知ってましたか?

で調べてみました(一部All About暮らしの歳時記より抜粋)

まずは鏡餅を年神様に供えるのは当たり前としても、なぜ開くのか?それは鏡餅が年神様が宿るところだと考えられているので、鏡餅を開くことで年神様をお送りし、お正月に一区切りつける為だとか。

そこで新たな疑問?なぜ鏡開きというのか
それは正月に一区切りつけるということは、その年の仕事始めをするという意味がありました。武士は具足などを納めていた櫃(ひつ)を開き、商家では蔵を開き、農村では田打ちという作業をして1年の出発としていました。剣道などの武道で、新年の道場開きに鏡開きをする(またはお汁粉などをふるまう)のは、その名残りです。
もともと武家から始まった行事なので、刃物で切るのは切腹を連想させるため、包丁などの刃物で切るのは禁物で、手で割り砕くか、槌(つち)で割るようになりました。また、「割る」という表現も縁起が悪いので、末広がりを意味する「開く」を使うようになり、「鏡開き」になったのです。

年神様の力が宿った鏡餅をいただくことでその力を授けてもらい一家一族の無病息災を願うのです。

ではなぜ11日なのか?
それはお正月は年神様をお迎えする行事であり、その年神様へのお供え物が鏡餅ですから、年神様がいらっしゃる間は食べてはいけないというもの。
年神様がいらっしゃる間を松の内といいます(元々は小正月1月15日(旧暦)まで。現在(江戸時代以降)は1月7日まで。)地方によっては松の日を現在も15日とするところもあるようでまちまちらしいです。

また、昔は二十日正月といって20日に鏡開きを行っていたのですが、徳川三代将軍・徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなったため、月命日の20日を避けて11日になったと言われています。

調べてみるとこんなに深い意味があるんですねぇ
まさたんもこれから鏡餅を使ったお汁粉をいただくとします
では(^^)/~~~

|

« JTマーヴェラス | トップページ | あれから15年 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111364/47264363

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡開き:

« JTマーヴェラス | トップページ | あれから15年 »