« お伊勢参り | トップページ | 新年 明けまして »

2008年11月24日 (月)

レッドクリフ

休みを利用してレッドクリフをmovix倉敷で観て来ました

三国志といえばみなさんご存知だと思いますが今の中国を舞台に

後漢末期から三国(魏・呉・蜀)時代にかけて群雄割拠していた時代

(西暦180~280年頃)の興亡史です。

ほぼ同時代の歴史家陳寿(233-297年)がこの時代の出来事を

記録した歴史書名が「三国志」であることに由来しているそうです。

対して三国志演義というのは

明の時代初期に羅貫中らの手によって成立した白話小説であり、

三国志を基としながらも説話や作者自身による創作が加えられて

いるものだそうです。

話がそれましたが、このレッドクリフ直訳すると赤い壁で文字通り

三国志にある赤壁(せきへき)の戦いを描いています。

 

漢の時代、後の魏の武将である曹操は数々の戦いで勢力を拡大し

ついには皇帝から丞相(現代の首相)の位を得て、

巨大勢力を握った。

自らが天下を掌握するために残すは、劉備と孫権の制圧のみ。

若い皇帝を脅し、劉備・孫権討伐の大義名分を得た曹操は、

巨大な軍隊を率い南へと南下する。目指すは赤壁。

80万の兵と2000隻の戦艦を率いて・・・

個人的な感想を述べると構想18年、

制作費100億円と話題をさらっていますが

18年もかけた割には内容にもの足りなさを感じました。

三国志に興味がない人は戦いばかりでつまらないと思います

名前負けしてるような気さえします。

しかも曹操が周瑜の妻・小喬(しょうきょう)を我が物にしようと

劉備・孫権討伐を企てている設定なんて無理があるんでは!?

曹操ファンを怒らせそうですね。

しかしながら2部構成の1部であるため

いよいよ赤壁の戦いが始まるという所で終わっていますので

来年4月公開される第2弾に期待です。

公式サイトはこちら

ちなみになかなか分かりやすくヤフー映画で特集してますのがこちら

|

« お伊勢参り | トップページ | 新年 明けまして »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>目指すは赤壁。

赤壁は目指してないっしょ!

投稿: | 2008年12月12日 (金) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ:

» レッドクリフ [描きたいアレコレ・やや甘口]
張飛の虎ひげや逆立つ眉毛や、関羽の美髭を見ると、嬉しくなるけれど...。 孔明役の金城武が、案外良くてビックリ!この人の映画や演技と... [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 18時30分

» レッドクリフPart1(2回目) [ももママの心のblog]
また見に行ってしまいました。実は前回の鑑賞は最前列の席で見にくかったんです。何しろ、毎月1日は映画の日。1000円で映画が見れます。その1日が土曜日と重なり、「レッドクリフ」の初日だったのです。自分ではやや早めに家を出たつもりだったのですが、土曜日で駐車場に車を停めるだけでも時間がかかり、チケットを買おうとすると長蛇の列。しかも、見ようと思っていた回はすでに「僅少」の表示が!こうなったら、席があるだけでもラッキーと思わなければならなかったわけです。でも、最前列で映画を見ると見づらい!ここまで見づらい... [続きを読む]

受信: 2008年12月 5日 (金) 08時32分

» 『レッドクリフ Part1』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 「三国志」を好きな人なら必ずハマる作品だと思えるが、主役となる人たちの名は「三国志」を知らない人でも聞き覚えのある名前があるだろう。 ジョン・ウー監督が巨額を投じ、長年温めて来ていつか撮り... [続きを読む]

受信: 2008年12月19日 (金) 08時26分

« お伊勢参り | トップページ | 新年 明けまして »