« Mamma | トップページ | お伊勢参り »

2008年9月23日 (火)

六地蔵

天気の良い秋分の日

いつものようにお墓参りに行ってきました

ところで墓地入口や路端に祀られてある六地蔵さん

なんで六体なのか知ってます?

気になったので調べてみました

遡ること平安時代!

命は六道を転生するという「六道輪廻」の思想が広まりました。

六道輪廻の思想とは

全ての生命は六種の世界に生まれ変わりを繰り返すとする思想で

六種の世界とは

地獄道(極苦の世界)、

餓鬼道(飢渇で苦しむ世界)、

畜生道(無知の世界)、

修羅道(闘争にあけくれる世界)、

人道(苦楽相なかばする世界)、

天道(快楽の世界)

の六界のこと。

釈迦の入滅後から弥勒菩薩が出世するまでの無仏時代に出現し、

六道の全てに姿を現すことのできる唯一の菩薩であり、

亡くなった故人が、どこに生まれ変わっていようと、

六道の全ての生き物を相手に教えを説き、

救いの手を差し伸べてくれると信じられているそうです。

これらの地蔵にはそれぞれ名前がついていて、地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人道、天道の順に檀陀(だんだ)地蔵、宝珠地蔵、宝印地蔵、持地地蔵、除蓋障(じょがいしょう)地蔵、日光地蔵と称する場合と、それぞれを金剛願地蔵、金剛宝地蔵、金剛悲地蔵、金剛幢地蔵、放光王地蔵、預天賀地蔵と称する場合が多いが、文献によっては以上のいずれとも異なる名称を挙げている物もあり、名称については一定していないとか。

像容は合掌のほか、蓮華、錫杖、香炉、幢、数珠、宝珠などを持物とするが、持物と呼称も必ずしも統一されていないそうです。

資料 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

|

« Mamma | トップページ | お伊勢参り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111364/42570037

この記事へのトラックバック一覧です: 六地蔵:

« Mamma | トップページ | お伊勢参り »