« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月24日 (金)

天才に出会う夏(ピカソ展)

岡山県立美術館で開かれているピカソ展

ルートヴィッヒ美術館セレクションへ行って来ました。

 

ドイツにあるルートヴィッヒ美術館は、

ピカソコレクションでは欧州最大級だそうです。

その中から油彩・水彩など生涯にわたる約100点を展示。

スペインの画家パブロ・ピカソ(1881―1973年)って

案外長生きだったんですね、知りませんでしたww

絵画だけでなく版画や陶芸などはさすが20世紀を代表する芸術家!

しかし私生活では正式な妻以外にも何人かの愛人を作り、

生涯に2回結婚し、3人の女性との間に4人の子供を作ったとか・・・

そのためか?作品には裸婦がよく登場しています。

んーエロ爺かw

ピカソの絵画はどれも有名なものばかりで、一生の間に

13,000点の絵画、100,000点の版画、34,000点の挿絵、

そして300点もの彫刻を制作しています

1日あたりになおすと2~3枚以上のペースです><スゲッ!

Picasso1Picasso2

右向いてるのか左向いてるのかよくわからないような

はっきり言って何書いてるのかわからなかったですww

まさたんにも描けそうなものが・・・

後で知ったんですがこれらはキュビスムという絵画の技法だそう

予習していけば良かった

天才てなんだろうねぇ

しかし普段接点のない世界に浸るというのもまたいい経験をしたと思います

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »