« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

ナイト ミュージアム

前回ゲド戦記を観て以来

ほぼ半年ぶりに映画を観に行きました

今月最後のお休みなのでしっかり遊んどかないとね~

STORY
ニューヨークに住む冴えないバツイチ男、ラリー・デリー。現在は失業中で、最愛の息子ニッキーにも愛想を尽かされてしまう始末。そこで新しい職探しを始めたラリーは、自然史博物館の夜警の仕事にありつく。さっそく先輩の老警備員から仕事を引き継ぎ、夜の博物館で勤務初日を迎える。ところが見回りを始めたラリーは、誰もいないはずの展示室から不思議な物音を聞く。音のするほうへ行ってみると、なんとティラノザウルスの全身骨格が吸水機から水を飲んでいた。しかも驚きはそれだけではなかった。モアイ像や原始人、動物たちなど、博物館の展示物が次々と生き返り、勝手気ままに動き出していたのだった。(allcinema ONLINE)

不可思議な現象を描いた爆笑コメディというふれこみだったんですが、爆笑というほど

笑いはなかったように思います。

まぁ、子供と一緒に親子で観るにはもってこいだと思いました。

実際春休みということもあって子供がいっぱいでしたが(^_^;)

ティラノザウルス(骨)に追いまわされ、

猿にはおしっこをかけられ、

モアイ像にはガムをねだられ、

先輩の老警備員(3人)にはファラオの石版を盗まれと

てんやわんやの大騒ぎwww

散々な目に会いますが最後は一致団結

みんなで協力して石版を取り戻しハッピーエンド^^

テンポよくメジャー所が出てきて楽しく賑やかな印象でした。

幼い頃にこんな物語があったらきっと夢中になっただろうな~(^o^)

実際子供の頃を思い出してワクワクした(←結構単純ww)

Nightmuseum

公式サイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

早大エジプト発掘40年展

岡山市立オリエント美術館で開催されている

吉村作治先生のエジプト展に行って来ました。

あいにくの雨にもかかわらず(雨だったので?

平日にもかかわらずたくさんの人で賑わっていましたよ

Egypt なんといっても目玉は青いミイラ
世界初公開ですって!!

2005年1月に発見された青いミイラマスクと彩色箱型木棺で。早稲田隊がダハシュール北遺跡で発見したものです。中王国時代、今から3800年前に活躍した行政官、セヌウのミイラを納めたものでした。名前と身分が分かる未盗掘の“完全ミイラ”のものとしては最古級。

このほか、ツタンカーメンと妃の名前が刻まれた指輪など、貴重な品々が展示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »